1. トップ店舗紹介

ホストその後は闇か希望か~引退・年金・保険編~

ホストって結局若いうちしかできない仕事なの?
じゃあ歳を取ったらどうするの?
年金?税金?老後?そんな難しい話し知らないよー!
そう思っている人も少なくないはず。
今回はついつい目を背けたくなる老後や税の話しについて行政書士であり、ファイナンシャルプランナーの資格も持つ永易至文(ながやす・しぶん)先生を講師に迎え、ゆっくり話し合ってみました!
先生はゲイだということもオープンにして活動しています。

参加ホスト

 

Q.10年後の自分は何をしていると思いますか?
A.漠然としていてあんまり考えてないです。

Q.今、なにか保険に加入していますか?
A.国民健康保険のみです

Q.年金って支払う必要あると思う?
A.20歳の頃からずっと払ってます!将来貰えるかわからないけど。

Q.貯金ってなんでしてるの?
A.ホストっていつまでも続けられる仕事じゃないんで。

 

 

Q.10年後の自分は何をしていると思いますか?
A.ホストの経営側の仕事をしていたいと思っています。

Q.今、なにか保険に加入していますか?
A.入ってるのかな?国民健康保険は入ってます。

Q.年金って支払う必要あると思う?
A.必要ないと思います。長生きしなそうだし。でも長生きしちゃったらどうしよう…

Q.貯金ってなんでしてるの?
A.何かある時に必要だと思って。

 

Q.10年後の自分は何をしていると思いますか?
A.何かを経営している立場でありたいです。

Q.今、なにか保険に加入していますか?
A.何も加入していないと思います。

Q.年金って支払う必要あると思う?
A.支払う必要があるかないかも考えた事ないです。

Q.貯金ってなんでしてるの?
A.何かとお金はあって損ないと思うので。

 

講習前に…

===みなさん将来とかどう思っていますか?

将来とかあんまりガッツリとは考えたことないですねー
うん…僕もそんな感じかな。想像つかないし。
自分の店を出せてたらいいな…ってなんとなく考えてます。

===うーん。なかなか覇気のない発言に少し不安が残りますが…
もうすでに、うつむき加減の次世代たち。果たして大丈夫なのでしょうか…!?

本日の先生登場!!

永易文至先生について
1966年生まれ、今夏で52歳(年齢詐称なしのはっきり明記☆)のゲイ。
① 暮らしや老後を追う編集者/ライター
② 行政書士、FP事務所 「東中野さくら行政書士事務所」
③ LGBTの老後を考えるNPO「パープル・ハンズ」事務局長
またキャッシュフロー、貯蓄、税制、住宅、生命保険、親の介護や相続、自分の老後、遺言、養子縁組、お墓まで。
非正規、フリーランスにも共通の知恵を伝える講演会も行っています。

===こんなビシっとした格好をしているのに時折り出るおねぇ口調なところにほっこりさせられる先生。
優しい人で良かったと胸をなでおろす一行。今日はいろいろ教えてもらいましょう★

ホストとしての仕事について

ちなみにみんないくつなの?

===巷では次世代ホスト歳食ってるって言われるけど…世間的にはまだまだみんな若いんです!←

今はかっこよくていっぱいお客様も呼んでるけど若さはいつまでも続かないからね。同じ若いうちしかできない職業でお相撲さんを例に挙げます。
体力勝負の仕事ですもんね。
お相撲さんって稽古だけじゃなくて勉強もしている力士がたくさんいるんです。大学を卒業している人も多いんだよ。

引退してからも大丈夫なように現役からしっかり準備をしているんです。人生90歳時代!まだまだ先は長いです。

===調べたところ例に出したお相撲さんたちは引退後に部屋を出した人がいるのはもちろん、実業家になったり、コメンテーターとして活躍をしていたり多方面で第二の人生を歩んでいるようです。

僕も、もう若くもないんで…
ここでそれ言う!?笑
ホスト始めたきっかけも完全にノリで始めたしな。
僕はホストってすごく怖いイメージでしたよ。酒飲みまくって体壊してみたいな仕事かなって。最初の1年しんどかったですね。

俺は…連れてこられたんで。
なにそれ!?売り飛ばされてきたの!?笑
いやいや!笑 兄に遊びおいでーみたいな感じでそのまま。

===兄である鬼塚良平EPに連れてこられた割にずっと続けられるなんて従順なのか、Mなのか…。

優大さんのところは兄弟でホストやってますもんね。僕も26の兄がいますけどもう結婚してますね
俺と同い年だ!同い年が結婚とか…すごいなって思っちゃう。最近は結婚願望強くなってきて…一人でいる時間さびしいです!

===これからの展望を考えることって重要ですね!打ち解けてきた次世代たちにも少しずつ笑顔も!!

年金について

年金って本当に貰えるの?って思うんですよ。
うん。もらえなくなるって話はよく聞きますからね。
だよねー。親に言われたから払ってるってくらい。

===不安なこれからの年金と、重い内容にまたしてもうつむいていく次世代たち…

結論から言うともらえなくなることはないよ!年金はそう簡単には崩れません。だから貯金があるなら今まで払ってなかった期間分も後から納めた方がいいよ。

 

後から払えるんですか?
できます!低収入免除は5年までさかのぼって支払うことができて、学生免除は10年までさかのぼって支払うことができるんですよ。

 

早めに未納分が無いか確認しないと!
年金って普通に会社員で働いてたら2階建になってるの!でもみんなみたいに自営業だと国民年金しか払ってない形なんです。

普通の会社員よりもらう年金が少なくなっちゃうってこと?
うん。だから増やしていく方法を考えなきゃいけない。国民年金基金って聞いたことあるでしょ?それに入るのがお得!なぜ得かと言うと支払った分が所得控除になるんです!

税金って所得によって払う額が違うでしょ?その国民年金基金で支払った分が支払わなきゃいけない税から減るわけ。だから年金も増えるし節税対策にもなるよね。

節税対策は嬉しい!

===事前のアンケートでも知りたいという意見が多かった節税対策!こんな方法があるんですね。

そのまえに、1階部分の国民年金のことをきちんと知っておこうね。国民年金は、20歳~60歳の480ヶ月、毎月1万6千円を払ったとして総額768万円10年年金もらえれば支給額が770万以上になるから10年で支払った分のモトは取れるんだよ!

具体的な数字が分かると安心できるね。
それに支払った年金は事故等で障害者になった時、65歳よりも前でも障害年金として支給される仕組みもあるんです。ただし初診時に未払いだったら障害年金はもらえないから注意!

保険のホント

まず国民健康保険(国保)民間保険との違いを明確にしていきましょうか!みんな国民健康保険入ってるでしょ?
入ってまーす
さすがですね。国民健康保険は加入が義務それに対して民間保険は任意だからね。

民間保険(任意)とは
TVのCMなどでもよく見る企業の保険。
生命保険(定期、終身、養老)
損害保険(医療保険、火災保険、ペット保険など)
種類も様々!
保険の種類や金額によっては所得控除の対象にもなる。

うーんどれも入ろうと思ったことないな。必要なのか考えたこともない。
僕は、この前1週間入院してその時に入院保険に入っておけばよかったなって思ったんですよ。

でも病気するまでに一体いくら保険のお金を払ってたのってことじゃないですか。安くても月に保険料が7~8千円するでしょ?それを病気するまで払ってたら入院代より高くなったりしちゃいますよ。

 

確かに。それなら入院費払った方が安かったかも…
国保の自己負担額には上限がありますから(高額療養費制度)、食費込みでも月10万あれば入院して手術もできます。結果的に医療費と家賃が3か月分払える100万円くらいの貯金があれば、民間の医療保険は不要!

編集後記

今回はここまで!
いかがでしたか?知っているようで知らない年金の話や保険の話。
なかなか普段正しい知識を聞くことはなから次世代メンバーも真剣!
一生懸命メモを取ったりと意外なみんなのまじめな一面を垣間見ました。

次回はもっとお金について掘り下げた部分をご紹介いたします!
CANDYの心之♂友也代表も登場しちゃいます!
お楽しみに☆

SNSでシェアする