歌舞伎町ホストグループ groupdandy ロゴ

  1. トップ店舗紹介

AFP通信社 groupdandy掲載

 

 

groupdandyがAFP通信社の取材を受け、

そのニュースが世界中に配信されました。

 

AFP通信社とは、フランスに本社がある

世界最古の報道機関です。

こちらで配信された情報が世界中に

ニュースとなって取り上げられ、

英国新聞Dailymailのオンライン版や、

英語版Yahooのトップニュースにも

掲載されました。

外国人目線ならではの、

歌舞伎町のホストクラブについての記事、

大変興味深い記事になっております。

簡単に訳した文章を添えておきますので

是非ご覧下さいませ!

 

S__14958659

※英Dailymail Online掲載

 

 

記事より、日本語訳付

 

Cigarette smoke hangs thick in the air of a Tokyo nightspot as A sips champagne with a trio of sweet-talking Lotharios peddling fake love at premium rates.

In a country which has lost its mojo, many wealthy Japanese women spend eye-watering sums on male hosts in return for an evening of sweet talk, flirting — and often sex.

“I want my heart to flutter,” A told AFP at a popular club in the Kabukicho red-light district lined with chrome and mirrors.

“Japanese men aren’t very attentive and don’t show their feelings, but hosts treat you like a princess. I want to be pampered and I don’t care how much it costs,” she adds.

The 27-year-old businesswoman from Nagoya, spends around $10,000 a month on the object of her desire — a faintly androgynous beau with bleached hair and a boyish grin.

But some big-spenders splurge over $100,000 in a single night to have their egos stroked by smooth-talking rental Romeos who themselves can earn five times that amount in a good month.

タバコの煙が東京の夜空の空気の中で厚く垂れ下がる繁華街。最高級のシャンパンを楽しみながら仮想恋愛を楽しむAさんと3人のベテランホスト達。

多くの裕福な日本人女性が虜になり、甘い話の夕べと快楽のために、男性ホストに目を輝かせ、大金を費やしています。

「トキメキが欲しい。」Aさんは歌舞伎町の繁華街の中でも有名なホストクラブでAFPに語る。

「日本の男性は気配りが足りないし自分の気持ちを言わないけど、ホストはお姫様のように扱ってくれる。

私は甘やかされたいし、それでどれくらいの費用がかかっても気にしない。」

名古屋から来ているという27歳の女性経営者は、中性的で少年のような笑顔のホストに対して、自分の欲望を満たす為に一ヶ月に100万円以上使うこともある。

しかし、こうして100万円以上の巨額の援助を受けている人たちは、上手に甘い言葉でホストを演じて、いい月にはその五倍以上の収入を得ることが出来ます。

There are a growing number of wealthy and successful Japanese women that have become frustrated with traditional dating and instead prefer to focus their romantic energies somewhere they are guaranteed to be treated well.

“I’m paying for time, rather than men,” explained A. “Time is more important to me so I want to live for now, without any regrets.”

Many women — ranging from 20-somethings to those in their sixties — lavish expensive gifts on their favourite hosts, buying them diamond watches, luxury cars, even apartments.

“When I was 20 a customer bought me a Porsche,” said former host Sho Takami, who owns a chain of clubs and likens a host’s role to that of a psychiatrist, with benefits.

“It’s a 24-hour job,” insisted the 43-year-old after arriving for work in a chauffeur-driven Rolls Royce.

“Our real work starts after hours — going for drinks with customers, crawling into bed at 9am, meeting another one for lunch,” added Takami, who is set to open a host club in Las Vegas next year.

裕福で、社会的にも成功した日本人女性の数が増えると同時に、普通の出会いに失望しますが、ホストクラブはロマンチックなエネルギーをうまく扱うことが保証されています。

「ホストに、というよりもむしろ楽しい時間にお金を払っている」とAさんは説明した。 「私にとって、時間が最も重要なんです。後悔することなく、今を生きたい」

20代から60代に至る女性客の多くは、自分の好きなホストに高価なギフトをプレゼントし、高級時計や高級車、さらにはアパートを購入することもあります。

「私が20歳のときに、顧客達が私にポルシェを買ってくれました。例えて言うならホストはまるで、セラピストみたいなものです。」と、歌舞伎町の大手ホストグループの会長、高見氏は言います。

24時間労働ですから」と、運転手付きのロールスロイスで仕事に向かう43歳の会長は、そう主張します。

「ホストの実際の仕事はホストクラブ以外のところで行われます。深夜、営業が終わってからのアフター、午前9時に寝て、ランチは別のお客様と会います。」来年海外進出を目論む高見氏は、そう語る。

S__14991567

※英語版YahooNewsトップページ掲載

Chance of Love

“It’s important the customer believes there’s a chance of love. After all that’s how you get her to come to the club and spend money,” Takami explained.

Host clubs are a $10 billion industry in Japan with some 800 venues nationwide.

Around 260 of those are located in Tokyo, most squeezed into Kabukicho’s narrow streets

where flickering neon signs display the air-brushed faces of hosts outside clubs with names such as Romeo, Gatsby and Avalon.

Hosts have been compared to male geishas and Takami believes the culture, which began in the early 1970s, empowers women.

“A host’s job is to support a lady’s heart,” he said. “We’re here to encourage women’s social advancement. It used to be considered a bit vulgar to party with hosts.

“But times have changed. These days being able to let your hair down at a host club is a mark of status or success,” he added.

Japan’s hosts, denizens of the night instantly recognisable by their spray tans, crimped long hair and tight-fitting suits, are often accused of preying on women’s emotions.

“The customers are buying affection,” shrugged ex-host Ken Ichijo on the terrace of his penthouse flat.

“We’re selling them dreams, so you lie about loving them in return for serious money,” added the 38-year-old club manager, freshly blow-dried and shirt open to reveal a medallion.

“That leaves a bad taste for some people who think we’re just ripping girls off.”

「女性がホストクラブに来てお金を使う理由は、恋愛のチャンスがあると顧客が信じていること」と高見氏は説明する。

ホストクラブは、日本では100億ドルの産業であり、全国に約800の店舗があります。

東京には約260ものホストの店舗があり、ほとんどが歌舞伎町の狭い通りにひしめいていて、

ロミオ、ギャツビー、アバロンなど外国風の名前を持つホストクラブがたくさんの派手な装飾の看板を出しています。

ホストはしばしば男性芸者と比較され、高見氏は1970年代初めに始まったホストの文化が女性に権限を与えたと考えている。

「ホストの仕事は女性の心を支えることだ」と高見氏は語りました。

「私たちは、女性の社会的進歩を奨励するためにここにいます。以前は、ホストクラブで遊ぶことは、少し下品だと考えられていました。

しかし、時代は変りました。今日、ホストクラブであなたが賞賛されるのは、地位や成功の印です。

日本のホストは、日焼けした肌、盛った長髪、タイトなスーツなどですぐにそれとわかりますが、よく女性をたぶらかすと避難されてきました。

「顧客は愛情を買っている」と、元ホストの一条健氏は彼のペントハウスのテラスで肩をすくめて言います。

「僕たちは夢を売っています。愛してると相手に伝わった結果がお金になって返ってきます。」

「僕達が女の子を騙してお金をとっていると思ってる人もいますが、それは残念ですね。」

AFP一条健

– Raging libidos –

Ichijo argues that it is simply a case of supply and demand.

“Hosts exist to fill a void in someone’s life,” he said. “In this business, the host is the product. We pamper to a woman’s every need — listen to her problems, tell her she’s beautiful, act out her fantasies.”

With harsher restrictions on opening hours, regular police checks and far less ‘yakuza’ gangster involvement, the host business has cleaned up its shady image in recent years.

But the promise of sex is still dangled as bait in a cutthroat industry, admits Ichijo, whose plush apartment screams bling.

“Sex is not necessarily part of a host club’s service,” he said. “But it is part of trying to satisfy the customer’s needs.”

Japan’s shrinking birthrate has been blamed in part on a growing social trend known as ‘herbivore men’ — those who shun carnal pleasures and machismo in favour of the quiet life.

But libidos rage among the coiffured gigolos at the hostclub, where sex worker M is a regular.

“Hosts are charming and they understand a woman’s feelings,” purred the 27-year-old as a snake-hipped host in leather pants and winklepicker shoes lit her cigarette.

“I come here to blow off steam. The men are like sparkly things — I could come every day and never tire of them.”

一条は、単に需要と供給の一例であると主張する。

「ホストは、誰かの人生の空を埋めるために存在する」と彼は語ります。

このビジネスでは、ホストは製品です。私たちは、女性のあらゆるニーズにお応えします。問題に耳を傾け、彼女が美しいと伝え、彼女の理想の男性を完璧に演じます。

営業時間の制限が厳しくなり、定期的な警察のチェックと、昔より少なくなったヤクザのギャングの関与で、ホスト事業は近年、イメージアップを図ります。

しかし、恋愛とセックスの約束が餌のようにぶら下がっている産業にはなっていないと、豪華なアパートで一条氏は語っている。

「セックスは必ずしもホストクラブのサービスの一部ではない」と彼は語った。 「しかしながら、それは顧客のニーズを満足させることの一部ととらえることもある」

日本の少子化は、「草食系の男性」として知られる社会的傾向であり、静かな生活を好み、肉体的快楽と男らしさを避けている人々に起因している。

しかし、風俗産業に従事するMさんがレギュラーに通うホストクラブでは、性的な魅力がたくさんある男らしいホストがたくさんいる。

「ホストは魅力的で、女性の気持ちを理解している」と、27歳の女性がレザーパンツを履いたセクシーな腰つきのホストの隣で満足げに語り、

先の尖った靴のホストが彼女のたばこに火をつけた。

「私はここに来てストレスを解消しています。ホストは光り輝くような存在です。毎日来て、決してそれに疲れることはありません」

Alastair HIMMER
AFP

SNSでシェアする